2014年09月11日

命名規則と骨

MayaLTが来たので以前に作ったものも合わせて、
スケールやポジション、軸向きなどを修正しました。
Zbrushの座標って結構ルーズでもどうにかなってしまうので、
たまにこうしてキレイにしてあげます。

そのついでに試しに骨も入れてみます。
自分の場合ポーズを最低限つけて、その後バインドを外し、
モデル自体をいじって調整してしまうので、そこまで複雑に作りません。
またアニメーションつけるわけではないのでリグも組みません。

モデルは以前のままですがポーズとらせると...
骨はこれに指とかつま先とかを加えます。
bone.jpg

骨の作業に限らずですが、オブジェクトの命名はとても大切です。
自分の家で作業するとルーズになりがちですが、
日頃からきれいなシーン作りを心がけたいものです。
例えば..
named.jpg

いまは簡単なシーンですのでめちゃくちゃだったとしてもそこまで困りませんが、
仕事となると厳格な命名規則があったりします。
命名がしっかりしていれば、見やすいだけでなく、ツールも作りやすくなります。
また、現在の開発では分業化が進み、自分の作成したモデルに対し他の人の手が入ることもあります。
もちろん逆もあり、他の人の作ったものの命名がめちゃくちゃな場合、続きを作業するのも厄介になります。
フェイシャル有りで、補助骨の沢山入ったモデルだと骨の数は数十、時には百を超えます。
そこにモーションキャプチャのデータを流し込む。となったらもう大変です。
相当気を使って作っていく必要があります。

まずは体の部位(finger、fing、hand、hnd...)
オブジェクトの属性、(joint、jnt、jt、mesh、skin...とかとか覚えやすいので)
複数あった場合の番号(_00、_01、_num00...)
オブジェクトの位置(_l、_r、_c...左右中央)
大文字、小文字(プロジェクトを管理する場合大文字小文字はとても重要になります!とてもとても!!)
等自分で規則を作るといいと思います。
いまはなんでやっているのかわからないかも知れませんが、
習慣にすれば、いつの日にか良かったなと思えるはずです。
posted by momo at 21:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: